千歳烏山のすずき歯科クリニックについて

千歳烏山の歯医者

すずき歯科クリニック

医師:
鈴木敏裕
鈴木ます美
診療科目:
一般歯科・小児歯科

東京都世田谷区南烏山
5-23-15
ドミシール南烏山1F
TEL 03-5313-4188

むし歯を予防するには

むし歯の原因菌の検査と除去

  • ミュータンス菌
  • 乳酸桿菌(ラクトバチラス)
  • カンジダ菌

これらの菌を除去すれば、むし歯はできなくなります。

だ液の検査

むし歯からお口を守るものとして「だ液」は重要な役割を果たしています。だ液には、食物を洗い流す働きのほか、細菌の増加を抑える力があり、しかもむし歯菌が出す酸を中和してくれます。さらにたっぷりとミネラルを含んでいるので、歯が失ったミネラルを再び取り戻してくれます。しかし、その量や能力には個人によってかなり差があります。
よって、だ液の状態(分泌量、粘度、緩衝能)を調べ、むし歯になりやすい環境を改善します。

食事療法

食事の回数を減らす

先程の「食事と酸の関係」で述べたように、食事の回数が多ければ脱灰ばかりになり再石灰化される余裕がないため、むし歯のリスクが増大します。間食を減らして、再石灰化のための時間を確保してください。夜食も控えましょう。得に就寝の2時間前には何も口にしないことです。

糖分の制限

糖分の入った飲食物をだらだら口にすることが一番いけません。水分補給のためにいいスポーツドリンクも、糖分が多いという点では要注意です。清涼飲料水は無糖のものを選びましょう。乳幼児に哺乳ビンでスポーツドリンクを与えるお母さんがいますが、これはむし歯をわざとつくっているようなもの。口中の歯が全部むし歯になってしまうこともあります。また、砂糖だけでなく炭水化物やフルーツもむし歯菌の栄養となるので、注意が必要です

最近話題のキシリトールは、まったく酸を作らない甘味料で、しかもむし歯の原因菌に無駄働きをさせて数を減らしてしまうはたらきがあります。長期間つづけてキシリトールを食べていると、ネバネバを出したり酸を出したりするむし歯菌の性格が変わってしまうというメリットもあるようです。甘いものが好きな人は、このような甘味料を上手に利用すると良いでしょう。

噛む回数を増やす

口中がむし歯だらけの人をよく観察すると、むし歯だらけの人でも、決まってむし歯でないところがあります。それはだ液に守られている場所です。よく噛めば、だ液がたくさん出ます。よく噛むことも大切なむし歯予防です。

噛むことによるメリットは他にも、胃腸への負担を和らげその働きを活発にする、脳を刺激して発達を促す、自然な食欲抑制メカニズムが働きダイエット効果が生まれ、肥満を予防する、など良いことばかりです。柔らかく食べやすいインスタント食品やレトルト食品に頼る前に、食生活をぜひ見直してみましょう。

噛む回数を増やすための工夫としては、
●噛み応えのあるもの(肉類、魚介類)
●水気のないもの(ナッツ類、干物類)
●食物繊維の多いもの(きのこ類、野菜、切干大根、海藻類)

をとる、あるいは、調理の際に具の大きさをできるだけ大きくして切る、水分を少なめにする、硬いものを必ず入れる、などのことを心がけるとよいでしょう。

PMTC

専門家によるお口の清掃プログラムのことです。歯みがきなどでは取れにくい悪い細菌を徹底的にこすり落とし、ツルツルの状態にしますので、汚れが付きにくく、また落としやすくなります。ちょうど車のワックスのように掃除がとても楽になります。

PMTCについて詳しくはこちら

食事と酸の関係

むし歯を予防するには

むし歯の原因と予防のトップページへ戻る

千歳烏山の歯医者 すずき歯科クリニックに関する情報
千歳烏山の歯科 すずき歯科クリニック

休診日:日曜・祭日

診療科目:一般歯科・ 小児歯科

診療時間:10:00 - 13:00 / 15:00 - 19:00 (土曜17:00まで)

アクセス:京王線千歳烏山駅下車徒歩4分

詳細・地図はこちら